金木犀

玄関の水打ちをしていると、さわやかな秋の風と共に金木犀の香りがしました。

当店の玄関のすぐ横、お隣のマンションに金木犀の植木があり、そこから香ってくるのです。

まだ私が小学生のころ、集団登校のために集合場所へ行くと、そこに大きな金木犀が植えてあり、

毎年秋の冷たい空気と一緒に金木犀の香りを感じたのを覚えています。

香りの記憶というものは案外頭に残っているもので、昔感じたなつかしい香りを嗅ぐと、

頭の中が一気にタイムスリップしてその時の背景が頭に浮かんでくるのは私だけでしょうか。

私が今のお店に入社したての頃、右も左も分からずソワソワしていた時期、キッチンでは

オマール海老のビスクが仕込まれていました。

ちょうどその時の不安な気持ちとビスクの香りが頭の中で勝手にセットになってしまい、

今でもたまにビスクの香りを嗅ぐと、少し気持ちがしソワソワしてしまいます。

ワインでも、自分に合った最高のワインの香りに出会ったとき、その香は鼻を通り越して

脳に染み付き、離れることがありません。

香りというものは、食事を楽しむことにおいても、とても重要な要素となります。

金木犀といえば、今お出ししているデザートで金木犀のソルベがあります。

さわやかな生姜のグラニテと合わせてお出ししております。

秋のジビエもどんどん入荷しております。

もしジビエのご希望がございましたらご予約の際に仰っていただければ、

可能な限りご用意させて頂きますので何なりとお申し付けくださいませ。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
essence