正岡子規

どこ見ても涼し神の灯仏の灯

正岡子規が京都、東山に来た時の俳句だそうです。

「涼し」は心地よい、心が洗われるという意味のよう。

京都のもつ雰囲気、空気感が時代を越えて伝わってきますね。

なぜこの俳句かというと、本日9月19日は正岡子規の命日だそうです。

坊主頭で横を向いているあの白黒写真は誰もが目にしたことがあるお顔だと思います。

京都と正岡子規に関連したものは何かないかなと探しているときに見つけた俳句でした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
essence