二百二十日

本日9月10日は「二百二十日」(にひゃくはつか)と呼ばれる日だそうです。

9月1日は「二百十日」(にひゃくとおか)といい、立春からちょうど210日の日で、

この時期は稲の収穫時期であるのと同時に、台風の来襲する季節と一致するので、

昔から農家さんは厄日として警戒されていたそうです。

二百二十日も意味合いとしては同じで、立春から220日。

昔は台風の到来を予測できなかったので、立春から210日~220日たった

この時期は農作物の被害などの警戒を呼び掛けていたということのようです。

今ではテレビ、携帯電話の天気予報ですぐに台風情報などを拾うことができますが

昔の方々は日を数えて台風の被害に備えられていたんですね。



DSC03334_convert_20160910130214.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
essence