FC2ブログ

吉田牧場さんに行って参りました!

こんちには。
支配人の今田 剛之と申します。

先日、チーズでお世話になっている岡山県の吉田牧場さんへ
行ってまいりました。
前回訪問した時に行けなかったメンバーも含め10人程でお伺いをして、
もう一度見学と、今回は夜ごはんをご一緒させて頂きました。

私は今回の訪問が初めてでしたのでとても楽しみにしておりました。


朝、お店に集合して荷物を積み込み、早速出発です。
シェフの運転で高速道路を走ること約3時間、お昼すぎに到着しました。

1nn.jpg


到着したらすぐに吉田原野さんがお出迎え下さいました。
ご挨拶をすませると、すぐに夜ごはんのセッティングです。


原野さんはすぐに窯に火を起こしてくださいました。
なんとこの窯でピザを焼いて下さるとのこと!
燃える木を見ているだけでよだれが出てきます。

2nn.jpg



準備をしていると、栗拾いに行かれていた吉田全作さんが山から帰ってこられました。

最初に原野さんにお会いした時もそうでしたが、テレビでしか拝見したことがない
お二人にお会いできた瞬間、とても心が震えました。
すごい所に来させて頂いたんだなという実感が湧いてきます。


全作さんが持ち帰った栗を皆で選別し、火を入れた際に爆ぜないように一筋の切り目を
ひとつひとつ入れていきます。
なんとこの栗も窯で焼いて下さるとのこと!
楽しみで仕方ありません。


栗の下ごしらえを済ませた後は、同行して頂いた酒屋さんが日本酒の温度、
容器による味の違いを講義して下さるとのことで、日本酒の勉強会がスタートです。


グラスで飲んだ味、おちょこで飲んだ味、錫の容器に一度入れて、そこから注いだものの味、
温度による味の違い、びっくりするぐらいそれぞれの味が違い、皆は目から鱗状態です。


途中、原野さんがチーズを持ってきて下さいまして、チーズと日本酒のマリアージュも楽しみました。
チーズと日本酒、これがまた非常に合うのです!
チーズの塩気、旨みが日本酒のまろやかさやコクとうまくマッチして絶妙なマリアージュです。
これにも皆、驚きの連続でした。

7nn.jpg


9nn.jpg



みんなついついチーズと日本酒に手が伸びてしまっているなか、酔っぱらってしまわないうちに、と原野さんが
チーズの熟成庫の見学に連れて行って下さいました。


私を含め、初めて伺う組は待ってましたとまさに興奮です。
地下を掘って造られた熟成庫の入口は二重扉。大きな扉をくぐり、コンクリートの壁の通路を進むと、
突き当りに熟成庫があります。
部屋に入るとチーズが発酵している香りがツンとします。
そこにはたくさんのチーズが行儀よく棚に並べられていました。


10nn.jpg


11nn.jpg


12nn.jpg



熟成庫に入った瞬間に感じる、熟成の香り。
これがチーズの熟成庫なんだと香りの記憶に強くインプットされます。


綺麗に並んだチーズを原野さんが丁寧に説明をして下さいます。
チーズも生きています。日々状態が変化していき、うまく熟成するものもあれば
うまくいかないものもあるそうです。
長いものは3年も熟成されて周りの皮が土のようになっているものもあります。
ここで吉田牧場のチーズは吉田さんたちによって造られているのです。




熟成庫の見学のあとは、チーズの原料である牛乳を生み出す牛がいる草原と牛舎の見学です。

牛たちは牛舎へ帰るためにゲートが開くのを待っていました。あまりにきれいに並んでいましたが
集まれと指示をしていないそうです。
自然とこの時間になるとゲート前に集まってくるのだとか。

とても大きな体です。それでもとても優しい表情をしていました。


3nn.jpg


4nn.jpg


5nn.jpg


6nn.jpg




さて、いよいよ晩ご飯の始まりです。

まずはシャンパンで乾杯。
ワインも色々と勢揃いです。


13nn.jpg



500℃に達した石窯では黒ムツの岩塩焼がつくられました。
真っ黒になった岩塩。
コンクリートのようにカチカチになった岩塩をカナヅチを使って
割って中身を取り出します。

中身はどうなっているのだろう?と思っていましたがこれがなんと程よい火の入り具合で
とても美味しく焼きあがっていました。

全作さんが拾って来て下さった栗も石窯で焼かれました。
この栗の味は甘くてなんと繊細なことでしょう・・・。
これが栗の美味しさだと教えて頂きました。

14nn.jpg


そして原野さんが生地を伸ばして、マルゲリータを焼いて下さいました!

やはり石窯で焼かれたピザはとても香ばしく焼きあがっており、最高のマルゲリータです。

美味しいものはお腹がいっぱいのはずでもいくらでも食べてしまいますね・・・。

最後はジャージー牛も焼いて、赤ワインがどんどん進みます。


15nn.jpg


16nn



夕方の16頃から始まった宴は気づけば日をまたぐ寸前・・・。
楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。

宴の後はそれぞれの部屋にもどり、就寝です。



次の日の朝はしぼりたての牛乳を頂きました。
加熱処理をしたものとしていないものの飲み比べもさせて頂きました。

今まで飲んでいた牛乳の味とは明らかに違う、とてもクリアで美味しい牛乳です。
こんなに美味しい牛乳は今まで飲んだことがありません。
この味は忘れることができません。

最後にご挨拶をして、岡山を後にしました。
車が見えなくなるまで手を振って下さっていたお二人の姿が目に焼き付いています。

17nn


18nn




前の晩は食事をしながらも、全作さん、原野さんのいろんなお話を直接お聞きすることができました。

ものづくりの難しさとおもしろさ、そして家族の温かさ。
吉田さんとご家族の気の遠くなるような努力。
一言で表せるようなものではありません。
吉田牧場は、吉田さんとご家族の想いがたくさん詰まった場所でした。



この牧場で造られた素晴らしいチーズを、私達レストランの者たちは、正しくそして吉田さんの想いを
出来る限りお客様にお伝えして、お楽しみ頂けるように努力致します。

一生忘れることが出来ない経験をさせて頂きました。
本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
essence