FC2ブログ

水無月


皆様 こんばんは。

本日6月30日は1年の折り返し地点。
半年の穢れを祓い、残り半年も健康に過ごせますようにと、
多くの神社では「夏越し祓」が行われています。

そして毎年食べるのが水無月です。

今年は「くりや」さんと「双鳩堂」さんの水無月を頂きました。

新しく入ったスタッフの中には食べたことがないスタッフもおり、飛び切りの笑顔で頬張っておりました。

その昔、宮中では夏の健康の為に氷室に保存していた氷を食して夏を乗り越えていましたが、
庶民には夏の氷はとても貴重だった為、氷の結晶に似せた水無月を食べて無病息災を願ったそうです。

今も無病息災を願い食べる水無月、

昔から受け継がれてきた事、絶やさないよう伝えていきたいです。





<DSC03321_convert_20180630212813.jpg
スポンサーサイト

裏庭

皆様 こんばんは。

梅雨に入り、京都は不安定な天気が続いております。

今日も雨が降ったり止んだりしておりますが、
ランチ営業後に雨が止んだのを見計らって、
裏庭の草むしりをしました。

養蜂をしているので除草剤は使えません。

皆でドクダミの生命力を痛感しながら草むしりをすること約1時間、ようやく新しい苗を植える事ができました。

シェフが大原で買ってきたバジルと葡萄の苗です。


DSC03244_convert_20180611202041.jpg

葡萄は「紅伊豆」という品種で、大原に売られてるのは珍しいそうです。

実をつけるのはまだまだ先ですが気長に見守りたいと思います。

畑では今後もいろいろな植物を栽培していく予定です。

皆様に提供できるよう大切に育ててまいります。

DSC03239_convert_20180611201724.jpg

養蜂


皆様 こんばんは。
京都も今週から梅雨入りとなりました。
先ほど一時的に激しい雨が降り、お店の庭に小さな池ができました。

さてMOTOIの裏庭では今春からニホンミツバチの養蜂をしております。
当店は京都でも中心部に位置しており、
養蜂には向かないのではないかと思っておりましたが、
養蜂を設置してくださった志賀さんのお話を聞くと、
「田舎では畑がたくさんあり、農薬散布をする機会が多いので蜂が住めなくなる」ことがあったり、
シェフから聞いた話ではクマに巣が食べられる被害もあったそうです。
なので都会の方がそのよう被害がなく蜂が安全に住めるようです。
ただやはり花がなければ、ミツバチは住めません。
ニホンミツバチは2㎞圏内であれば採取に行くので、
近くに御所があるMOTOIはその心配ないのでミツバチが頑張ってくれるのではと設置が決まりました。
毎日せっせと働いている姿を見て、こちらも身が引き締まる思いです。
スタッフ一同で見守っていきたいと思います。




カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
essence