配膳司

皆様こんばんは。

大きな台風が続けざまに日本列島を直撃しておりますが、
お住まいの地域はご無事でしょうか。

京都は先月の嵐山の災害の傷跡が癒えようとした矢先の大雨ですが、
今回の台風では特に問題なく
嵯峨嵐山地域の寺院、神社、観光施設などで普段通り営業しているようです。

京都にお出かけをお考えの方は、元気になった嵐山の方にも是非足を運んで頂きたいです。


さて、皆様「配膳司」と言うお仕事はご存知でしょうか。
配膳司は配膳さんと呼ばれ、全国を探しても京都にしかない職業だそうです。

3つの分野に分かれていて、
茶道関係の配膳司、能楽の裏方を務める配膳司、冠婚葬祭や祇園祭に携わる配膳司です。
かつては呉服展示会にも配膳司さんはつきものだったそうです。

行事や宴席の裏方さんで、会場では紋付き袴でお客様をお迎えし、
行事が滞りなく運ぶように主客双方にこまごまと気を配り、
最後にお客様をお送りするのです。

京都では行事に配膳司が付くかどうかが行事の付加価値とされる文化があったようです。

ハレの日の影の立役者、臨機応変、融通無碍な配膳司の仕事は京都ならではだと思いました。
今でも数が減りながらでも、毎日どこかでお仕事されているのは
京都の伝統世界が変わることなく配膳司を必要としているのだと思います。


このようにおもてなしの専門職がいる京都にレストランがあるということを心に留めて、
私たちも皆様の特別なお席が、
とびきり素敵な時間になるように益々努力して参りたいと思います。


お花はハロウィーン仕様です。

DSC00976_convert_20131025165631.jpg

この度ミシュランガイド2014に当レストランが掲載されました。
今後ともスタッフ一同日々精進して参りますので、よろしくお願い致します。


スポンサーサイト
カレンダー
09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
essence