スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな秋


皆様こんばんは。


週の始めは涼しく、秋が来たようでしたが、台風の到来とともに蒸し暑くなりました。

今月も残すところあと一日。
京都の暑い夏も終わりに近づいてまいりました。

暑い最中は早く秋になって欲しいと願うのですが、
いざ秋の気配を感じると寂しくて仕方ありません。


先日のお休みは、レストランがお世話になっているCINQさんやunirさん、
仲良くさせて頂いているレストランの方々、スタッフが切磋琢磨しているライバルたち。。
みんなどこかで繋がっている45名でBBQをしました。

多種多様な職種の人が集まり、いい刺激を頂き、
目に見えて繋がりの輪が広がっていく感じがとても素敵でした。



さて、レストランは少し秋の雰囲気です。


DSC07958_convert_20130830181808.jpg

皆様ナンキンハゼはご存じですか。
私は初めて拝見しましたが、黒っぽい実を付けた枝です。

ブルーベリーのような色をしていますが、
実が割れると中の種は真っ白で星のように見えるそうです。
何ともロマンティック。。

レストランでは銀杏や南京を使ったお料理も登場し、
こちらも小さな秋がちらほらと顔をのぞかせています。


卓上のお花はサンダーソニア。

DSC07968_convert_20130830181908.jpg

小さなベルを付けていてとても可愛いです。
花言葉は「愛嬌」

ちなみに当レストランのスタッフの誕生花だそうです。
花言葉通り、愛嬌たっぷりの彼女。
2名しか女性がいないので、わたくしにとって妹のようにかわいいスタッフです。


話は逸れましたが、
今レストランでは、去りゆく夏と、近づく秋を両方お愉しみ頂けると思います。

台風が去れば過ごしやすくなりますでしょうか。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。




スポンサーサイト

五山の送り火 消し炭



皆さま、こんにちは。
サービススタッフの今田です。

先日の16日は、大文字で有名な五山の送り火の日でした。

その日は営業が終わってから、キッチンスタッフと一緒に
大文字山に登り、送り火の消し炭を拾ってきました。

消し炭とは、送り火の山の火床で燃えた木が炭になったもので、
紙で包んで家の軒先などに吊るすと厄除けになるとされています。

また、細かく砕いて少量を服用すれば病気封じにもなるのだそうです。

その日の夜の大文字山は、消し炭を求めて山を登る登山者がとても多く、
驚きました。

ヘッドライトに明かりをつけ、列を成して火床へと向かいます。

途中、消し炭を拾い終わって降りてくる方々とたくさんすれ違いましたが、
皆さん袋やカゴに消し炭をいっぱい詰めて下山していました。


私はというと、日々のトレーニング不足のせいか、もう一人のスタッフに
ついて行くのが精いっぱいでしたが、なんとか無事火床まで辿り着き
消し炭を拾って帰ってくることができました。


そして昨日、炭を半紙で包み水引きを巻いてお店の玄関に吊るしました。





スタッフの皆が健康で、そしてお客様をお迎えできることを切に願います。



京都は昨日から雨が降っております。
久しぶりの雨はなんだか気持ちが落ち着いてほっとします。

外へお出かけの際はお足元にお気を付け下さいませ。

グラスワイン 白とシャンパーニュ




残暑が厳しい毎日ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

8月9日から、白ワインとシャンパーニュのグラスワインの
ラインナップを、新しいものへ変更しております。

シャンパーニュの目玉は、かの高名なジャック・セロスで研鑽を積んだ
若手の作り手、クレモン・ペルスヴァル氏の ブラン ド ブランです。

白ブドウのみで作られたシャンパーニュで、味わいはいきいきとした酸味が特徴です。

白ワインは、6月にカリフォルニアワイン研修でお邪魔した、ニコルスワイナリーの
2000年ヴィンテージのシャルドネをご用意しております。

13年の熟成を経て、香りは芳醇、味わいもまろやかになったワインです。
生産者キース・ニコルス氏の直筆サインボトルより提供させて頂きます。


美味しいお料理とワインを楽しんで、暑い日を乗り越えましょう!

夏の一皿

DSC07658_convert_20130802130147.jpg

祇園祭が終わり、まさに夏本番です。
連日の酷暑ですが、皆様体調は如何ですか?

当レストランも夏の食材が溢れております。
京都の夏の食材の代表格、鱧もその一つ。
祇園祭の時期に盛んに食べられますが、本当に美味しくなるのはこれからです。
Restaurant MOTOIでは鱧をお客様が召し上がる直前に骨切りし、
皮目を炭火で炙り焼霜にいたしました。
コンソメジュレや色々な夏野菜と合わせております。

夏場にフレンチはちょっと、と言う方にも是非召し上がって頂きたい一皿です。
今年は梅雨の時期に雨が少なかった為に、夏野菜も少し終わるのが早そうです。
今の時期だけの涼味をお楽しみくださいませ。



カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
essence
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。