白子筍

今日、シェフが塚原から白子筍を持って帰って来ました。

image1_(1)_convert_20170319215021.jpg


採れたてなので、アク抜きをしなくても食べられるそうです。

白子筍は土の中で眠っている筍を掘り起こすので、白くて甘味があります。

写真を見せてもらい、
想像以上に体力が必要で大変な作業なのだと知りました。

image2_convert_20170319220335.jpg


「塚原の筍は日本一の筍やと思うわ」とシェフ。

白子筍はディナーでお出ししております。

DSC05038_convert_20170319214940.jpg


皆様のお越しをお待ちしております。
スポンサーサイト

真剣な、、、

皆様こんばんは。

キッチンで真剣な眼差しのシェフを発見。(いつも真剣ですが、、、)


DSC04759_convert_20170312192632.jpg

何をしているのかと近づいてみると、

人参の飾り切りでした。

DSC04763_convert_20170312192231.jpg

「中華の料理人は皆できるよ~」と言いながら
あっという間に鳥が完成。

たまに料理に登場します。


土筆


皆様 こんばんは。

今日、シェフが大原から土筆を採って帰ってきました。

フォアグラと合わせるようです。

ディナーでお出しする予定です。

段々と春が近づいて来ました。
土筆

6年目に。

6年目に。

先月31日でRestaurantMOTOI は5周年を迎えました。

これも偏に、お客様と取り引き業社様、スタッフの皆のおかげです。

本日から6年目のスタートです。

スタッフ一同更なる飛躍を目指し日々研鑽してまいります。

何卒よろしくお願いいたします。

前田 元




当店の料理人の二人です。

この日は先輩が下の子に鳩の捌き方を教えておりました。

下の子(成田と申します)は鳩を捌くのは初めて。

横に並んで、どの手順でどこにどのように包丁を入れるかという

手ほどきを受けておりました。

成田は慣れない手つきで奮闘しておりました。

技術の継承は見ていてとても美しさを感じます。

料理の世界も、技術の継承によって下に引き継がれ、歴史を作っていきます。

彼も一つ勉強して新しい世界が少しだけ見えたことでしょう。

技術を教えて頂いた先輩に感謝し、これからも色んなことを経験し、

吸収してほしいと願います。
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
essence