外国語

外国のお客様の数は去年の同じ時期と比べて3倍近くになっております。

インバウンドという言葉をよくニュースなどで見かけましたが、

外国人のお客様の増加は肌で感じております。

当店がオープンして1年、2年目くらいまではほとんど海外のお客様からの

ご予約はありませんでした。

オープン5年目を迎えた今ではお店の周りにも新しいホテルがどんどん出来ましたし、

今後も増えてくると思いますのでますます海外のお客様の数は増えるのではないか

と思っております。

もちろん、海外のお客様にサービスするには英語が話せなくてはなりません。

予約のお電話でも「Hallo.Do you speak English?」とかかってくることもしばしば。

もともと英語が話せるスタッフが充実していたわけではないので、ここ数年間、

サービススタッフは毎日英語を勉強しております。

食材の名前を毎日テスト、お客様のアテンド、料理説明、電話対応など・・・。

毎日朝のミーティングの際に英語の時間を設けて皆で勉強しております。

ただ、もちろんこの時間だけでは到底英語が話せるようにはなりませんから

あとは個々で英会話に行ったり、自己学習をして勉強しております。

私も日々、英語の勉強方法をいろいろと試しながらしていますが、まだまだ努力が必要です。

さらに今の時代、英語を話せるのは当たり前で中国語のニーズも増えてくるでしょうし、

フランス料理ならフランス語もある程度理解したいところです。

まだまだ課題は山積みです。

DSC03248_convert_20160828191312.jpg
スポンサーサイト

通勤

「涼しい」。朝、玄関から出て先ずそう思いました。

最近ずっと京都市中を覆っていたあのムッとする熱気とは明らかに違います。

ふと、真夏の格好をしている自分がとても時代遅れになっているような気分になり、

慌てて街を歩く他の人たちの服装と自分を照らし合わせます。

次の休みは秋の服の準備をしないと。

頭の中を衣替えのことがよぎりました。

肌に当たる空気がとても心地が良かったので自転車をこぐ足にも少しだけ力が入り、

無意識のうちに風を切って走りました。

そのあと心地良い風に当たっている間は、思考が勝手にスリープ状態です。

何も考えられず、ペダルをこぐ足だけが動き、上半身は完全にリラックスモード。

気温が変わると空気の香りも変わります。

涼しい空気はとても優しい香りです。優しい香に包まれてすべてが心地よく感じます。

家の玄関からお店まで約2分。

今までは「まだかなぁ」だったのが、今日は「もう終わっちゃった」になりました。

今日、秋はぐっと距離を縮めてきたようです。

DSC03241_convert_20160827123525.jpg




グロッパ

お花は季節を感じ、たのしむことができるもののなかで一番馴染みがあり、

身近にあるものの一つだと思います。

京都の桜、紅葉を求めてその季節には地球上のあらゆるところからたくさんの

方々がお越しになります。

花は美しく、たのしく、そして人が常に求めているものであります。

もちろん、花の楽しみ方はそれぞれあります。

茶室においての花の考え方や、フラワーアレンジメント、生け花、野生の花などは

それぞれたのしみかたが違うので比べることはできません。

ただ、かたちは違ってもやはり人は花が大好きです。

当レストランにもホールの真ん中に大きなお花をいけて頂いております。

お花屋さんにお任せして、毎週変えて頂いております。

今週のお花はグロッパといってとても珍しいお花だそうです。

お花屋さんも数年ぶりに見たと仰っていました。

そんな貴重なお花を当店に譲って頂いてとてもありがたく思います。

DSC03217_convert_20160826133002.jpg

DSC03221_convert_20160826133015.jpg

カトラリー

食事のシーンにおいて、カトラリーはとても重要なアイテムの一つです。

デザインの美しさ、質感、機能性、シーンに合わせたチョイス。

それらは全て重要です。

おしゃれであっても使いにくければ食べにくくなってしまう。

食べやすくて機能的でもその場にあったデザインでなければ、これまた良い空気がうまれない。

どれか一つでも欠けてしまうと、どこか違和感を感じて居心地が悪くなります。

例えば、最高のデザインと機能を持ったフォークがあったとしても、それで「ざるそばを食べてください」

と言われるととても違和感を感じます。

違和感を感じながら食べるお料理は美味しく感じないことでしょう。

そうなってしまうと折角のおいしいお料理も台無しです。

ざるそばはお箸でたべるから美味しいのであると思います。

なので、人によってのこだわりもたくさんあります。

ご自宅でもカトラリーを新調される際、あれこれ悩まれた方も少なくないはず。

最近ではおしゃれなハウスウェアをたくさん扱うお店や、雑貨屋、若手アーティストの作品を

扱うギャラリーなんかも沢山あり、いいものをいっぱい見るとあれもいいなこれもいいなととても悩みます。

私も自宅用のナイフ・フォーク・スプーンを新調するのに悩みに悩んで2ヵ月ほどかかりました・・・。

ただ、食事に合わせて素敵なカトラリーを使うとお食事は一気に盛り上がります。

食事をするのが楽しくなります。同じお料理でもシーンとマッチしたカトラリーで食べるとおいしく感じます。

それだけ、とても重要なアイテムの一つだと思います。

当店のカトラリーはsanbonet(サンボネ)というイタリアのブランドのものです。

シンプルでありながら洗礼されたフォルム、エレガントな曲線で、女性も持ちやすい重さ、サイズです。

メインのお料理にはフランスの代表的なナイフであるライヨールのナイフと、これもフランスの

シルバーウェアの老舗であるクリストフルのフォークです。

食事を楽しむ要素はお料理意外にもたくさんあります。

DSC03212_convert_20160823180148.jpg

新しいものと古いもの

蔵といえば私が小さいころ、島根の祖父の家に帰った際に

親戚へのご挨拶へ回った時に見た土壁の蔵を思い出します。

子供のころの私は「なんでこの建物だけきれいに塗られてないのかな」

という疑問と、あの重厚で謎めいた雰囲気に恐怖を感じていました。

中は真っ暗でも物が山積みになっている。埃っぽくてなんとも気味が悪い。

物陰からとんでもない怪物が出てくるんじゃないかと蔵を見るたびにビクビクしていました。

あれから20年以上経った今、お客様に「ぜひ蔵もご利用くださいませ」と私がご案内することに

なるとは当時の私には到底想像がつきませんでした。

実は当店にも蔵がございまして、現在はそれを改装して個室としてご利用頂いております。

意外とリピーターのお客様からも「蔵なんてあったんだ」といわれることもあります。

ディナーだと薄暗いので見えづらいかもしれませんが、奥側の庭の向こう側に白く塗られた蔵がございます。

蔵でのお食事は蔵だけの特別コースをご用意しておりまして、完全なプライベート空間でお食事をお愉しみ頂けます。

こちらの蔵も、メインのホールと同じように2階部分の床を抜いて吹き抜けにしております。

見晴らしの良い広々とした空間は私も大好きですが、蔵のような窓がなく、何か不思議なものが

隠されているような空間もなんだかワクワクします。

子供の頃「怖い」と思っていたものが、時が経ち、そして人の手が加わると「落ち着く」空間になるのですね。

今は当たり前のようにありすぎて注目されていないけれど、将来、光を浴びるものに変化するというものは

意外と世の中には沢山溢れているのかもしれないですね。

DSC03153_convert_20160822160951.jpg


DSC03154_convert_20160822161004.jpg


DSC03157_convert_20160822161017.jpg
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
essence